About

事業の概要

%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%b3%e6%a6%82%e8%a6%81%e5%9b%b3_%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e本事業(以下、JTRE)は、東京大学と東京工業大学が共同して、トルコのトップ大学であるイスタンブール工科大学、中東工科大学、ボアジチ大学と協力し、国際競争力の高い共同研究を行う研究教育拠点を形成するとともに、多様な価値観を受け入れ、高い倫理観を有するリーダー人材を含む幅広い人材育成を行うことを目標として、平成27年度の「大学の世界展開力強化事業」として採択されました。
トルコは、急速な経済成長の継続を背景に産業構造の大変革期にあり、人口増加による都市の拡大と発展やエネルギー需要の増加に伴う電力インフラの整備など、産業の発展が期待されていると同時に、地震多発地帯に位置し、巨大都市を擁するという日本との類似性をもつ国です。
本事業は、こうした特徴をもつトルコで、エネルギーシステムと都市を持続可能な形で運用することを目的として、国際競争力の高い共同研究を行う研究教育拠点を形成するとともに、研究機関や官公庁、民間企業など、幅広い分野で国際的に活躍できる次世代の研究者、技術者、リーダー人材といった幅広い人材育成を行うことを目指すものです。
この枠組みで、日ト双方の大学での共同研究、交換留学・インターンシップ、教員派遣、学生交流、ウェブ講義・遠隔講義などによる理工学教育プログラムを展開していきます。

交流プログラムの概要

東京大学は、従来の理工系教育研究のみでは理解・解決できないような、分野横断的課題の解決に資する研究推進とリーダー人材教育に取り組んでききました。これらの成果をJTREにも活かし、複雑システムとしての強靭性を有するエネルギーシステムの構築、地震等の環境要因に耐える強靭性とシステムとしてのレジリエンスに関する研究教育拠点を構築し、日トの自然環境と社会の類似性を踏まえた、欧米の教育プログラムでは達成できない総合的な教育プログラムを開発・共有し、学生に提供していきます。
また、東京工業大学では、21世紀COEやその後のG-COEにおいて確立してきた都市地震工学の分野に地球科学、建築意匠学、歴史学といった分野を加えることによって、大都市圏での巨大地震による人的、物理的、社会的、文化的資産の損失を軽減し、地震後の速やかな復興を可能とするレジリエントな都市の発展に貢献する地震工学の研究教育拠点の国際的な展開を、JTREを通じて推進していきます。

本事業で養成する人材像

  • トルコにおけるエネルギーシステム構築と都市防災分野をリードする優れた学力、研究能力、コミュニケーション能力を有し、将来同大学を含むトップ大学での研究や関連する産業や政府機関で中核的役割を果たすトルコ人学生。
  • トルコ進出関連企業や研究機関、政府機関、国際機関に就職し、トルコを含め国際的にエネルギーインフラと都市機能の持続可能な発展に貢献できるリーダーとなる日本人学生。

これらの優秀な人材育成を通じて、将来の日トルコ関係の深化に貢献できるものと考えています。

本事業の特徴

  • エネルギーシステムおよび都市などの大規模システムを対象とするレジリエンス工学を中心に据える。
  • 日本語とトルコ語の類似性を踏まえたコーパスを開発し、学生の交流プログラムの事前学習プログラムとして活用する。
  • 民間近業は政府機関でのインターンシップやテクニカルツアーを効果的に組み合わせた短期プログラムを設定する。

交流実績(予定)人数

H27 H28 H29 H30 H31
学生の派遣 13 17 18 18 18
学生の受入 17 21 19 19 19

 

PAGETOP